武田薬品工業【4502】は「買い」なのか。業績や配当金、今後の見通しなどから考える

2018年に入ってからの株価急落と、4月25日のセリクラのような状況を目の当たりにしてついつい買ってしまった武田薬品工業。

どうしたものかと今から考えます…。

※私は配当金狙いの投資という観点で考えていますので、売買益狙いの観点では結論が違ってくると思います。ご注意ください。

なお、私は購入後早々に手放しました。

6/12現在、手放して正解な状況になっています。

スポンサーリンク

業績・年間配当・配当性向の推移

売上高
(億円)
営業利益
(億円)
年間配当
(円/株)
配当
性向
’09/3 15,383 3,271 180 62.1%
’10/3 14,659 4,158 180 47.7%
’11/3 14,193 3,715 180 57.3%
’12/3 15,089 2,703 180 114.4%
’13/3 15,572 1,131 180 108.3%
’14/3 16,919 1,306 180 133.2%
’15/3 17,778 -1,292 180
’16/3 18,073 1,308 180 176.0%
’17/3 17,320 1,558 180 122.3%
’18/3 17,705 2,417 180 75.2%
’19/3
(予)
17,370 2,010 180 101.2%

配当はここ最近はずっと180円で一定となっています。たとえ営業赤字であろうとも。

そのため配当性向もすごいことになっており、直近では100%超えを連発しています。

このまま利益低迷&配当維持を続けていたらどこかで破綻してしまうでしょう。つまり、利益が伸びていかなければ減配の可能性が徐々に上がってくるということになります。

シャイアー買収の話

4月25日に、武田薬品工業はアイルランドの製薬大手シャイアーと買収合意で最終調整に入ったという報道がありました。

武田買収案ではシャイアーの1株あたりの買収価格を49.01ポンドと評価。その価値に対し、武田が発行する新株27.26ポンド相当と現金21.75ポンドを支払う内容となる。つまり総額7兆円のうち新株発行分が3兆8900億円、現金が3兆1000億円必要となる。

出典:日本経済新聞

新株の発行に伴う希薄化および巨額の財務負担が嫌気され、ずるずると落ちてきていた株価がさらに一段階叩き落された形となりました。

もちろん、買収によるメリットがそれらを上回るならば、長期的に見れば武田にとってプラスとなるのでしょう。

しかし…私にはどうなるか予想・判断ができません。

調べれば調べるほど「これはもはやギャンブル…」な感じが強まってきました。

「武田薬品の将来を考える会」は、年末から年始にかけて開かれる臨時株主総会で買収のための新株発行の否決を目指して動いているようです(ロイター)。

少なくともあと半年はゴタゴタするのでしょうかね。

まとめ

完全に理解した会社の株だけを買えとは言いませんが、分からなさすぎる銘柄を買ってもろくなことはなさそうです。

(追記)

さっそく5月1日に売却しました。

小指の先くらいの利益が出ました。

配当金狙いな私にとっては、危なっかしすぎるので今後はノーマークでいいかなと思っています。

売買の履歴

約定日 売買 約定単価 保有株数
18/04/27 4,582 200
18/05/01 4,595 0

今後の売買予定はありません。