日産自動車【7201】は「買い」なのか。業績や配当金、今後の見通しなどから考える

高利回り銘柄として有名な日産自動車。

リーマンショック以降の株価は緩やかに上昇してきており、目立った乱高下は見られません(目先は下げ気味)。

私は昨年末から今年にかけて、4%を超える配当利回りに釣られて購入し、上げたタイミングで売り、また下げたので買い…といったことをしてきています。

しかし、まじめに銘柄調査をしていなかったので、ここで改めて状況を確認していきます。

なお、色々と調べた上で、今のところの私のスタンスは「日産株はポジションは大きくし過ぎずに保有していこう」となっています。

スポンサーリンク

業績・年間配当・配当性向の推移

売上高
(億円)
営業利益
(億円)
年間配当
(円/株)
配当
性向
’09/3 84,370 -1,379 11
’10/3 75,173 3,116 0
’11/3 87,731 5,375 10 13.1%
’12/3 94,090 5,458 20 24.5%
’13/3 96,296 5,235 25 30.7%
’14/3 104,825 4,984 30 32.3%
’15/3 113,752 5,896 33 30.2%
’16/3 121,895 7,933 42 33.6%
’17/3 117,200 7,422 48 28.9%
’18/3 119,511 5,747 53 27.8%
’19/3
(予)
120,000 5,450 57 44.6%

10年分の業績を見ると、上り調子で来たものの頭打ちな印象です。

売上の約半分を占める北米の収益環境はあまり楽観視できないとも言われています(Bloomberg)。

一方の配当金額は業績に関わらず伸ばしてきており、2019年3月期の配当性向は44.6%(予想値)となっています。

5月14日に開示された2018年3月期の決算短信によると、2019年3月期は増収減益予想となっているものの、引き続き配当金は増やしてきています。

業績が上昇に転じなければ今後もこのまま配当を伸ばしていけるかは怪しいところですが、配当性向がまだ40%台であることから、当面は増配が続くような気もします。

今後の見通し

中期計画を見てみると、2022年に向けて売上・利益ともに伸ばしていくとのこと。

まぁ私も業務で中期計画の作成に携わったことがありますが、まず伸びていく計画を作ることは当たり前です。だからそれを真に受けてしまうのはNGでしょう。

結局のところ、極端に売上が伸びることは当面なさそうで、良くてジリ上げか横ばい、どちらかというと下に行く可能性の方が高いイメージでいます。

なんでこんなに配当利回りが高いの?

日産自動車の配当利回りが高いのは、発行済み株式の43%を保有する親会社のルノー(フランス)が日産自動車から利益を吸い上げるためだそうです(Zai ONLINE)。

そしてこの記事の最後は「日産自動車の株価が気持ちが悪いほど安くなっているのは、いよいよルノーに食い尽くされる最終段階に入っていることを如実に示しているわけです」と締めています。

確かに利回りが高ければそこに買いが入って株価は上昇、そして利回りが落ち着いてくるという流れになるのが自然です。

しかし、そうなってないのが現状です。

では「やはりルノーに食い尽くされる前兆なのか…」と思うかというと、そこまでは思いません。

何となく不安はありますし、今後の業績も右肩上がりとは言えそうにないため利回りが上がっているのではないかと思います。

高利回りの土台にはそれなりの純利益と高めの配当性向があるわけですし。

  • それなりに配当金を出している
  • 業績の伸びがあまり期待できない
  • ルノーの件で何となく不安

といったことから、現状の高配当利回りがあると言えそうです。

合併にメリットはないのか

とにかく日産の最大の不安材料はルノーでしょう。

M&A onlineの記事では、日産に「合併メリット」はないとバッサリ言い切っています。

一方、webCGでは比較的ニュートラルな(悪く言えばどっちつかずな)感じで描かれています。

結局のところ、合併が日産自動車にとってどう作用するかは予測しづらいのです。

それがリスク要因となり、株価も押し下げられ気味なのかなと思っています。

もし合併したら株価はどうなる?

一番気になるのはここですよね。

少し調べてみたところ、

  • 株式公開買付け(TOB)が行われて高めで買われる
  • 合併比率次第では下落する

という見解がよく見られました。

どちらも一応の理解はできますが、やはりこれも結局「よく分からない」に尽きるのだと思います。

分かってれいれば株価がそっちの方向に動き出すでしょうし。

そもそも合併自体もまだ固まったわけではありません。

不安を抱えながらも様子見をしているというのが今の状況なのだと思います。

2019年3月期1Q決算

前年同期比で減収減益となっていますが、業績予想と配当は修正ありません。

北米の販売台数減も気になりますが、日本での営業利益率がかなり落ちているのは気になります。原材料費と為替の影響でしょうか。

とはいえまだまだ体力はある企業ですし、特段の心配はしていません。

最近の株価動向(10/19現在)

不安定な地合いも相まって、一時は1,000円を割れる場面もありました。

下落トレンド継続中といった感じです。

まとめ

配当金目当てで買う分には直近の株価下落はあまり気にするところではありません(そうは言っても気になりますが)。

配当を維持できるだけの業績をキープできるかどうかと、長い目で見た時にまだまだ頑張れそうか、という2点が重要です。

2018年3月期の業績は増収なもののコストが圧迫して減益での着地でした。

2019年3月期も増収予想ではありますが、引き続きコスト増と、加えて為替でのマイナス影響で減益が予想されています。

想定為替レートが1ドル105円なので、この部分は上振れの余地があるかもしれません。

増配予想は続いているため引き続き見守っていこうと思います。

また、ルノーの存在によって高い配当性向は維持できるとしても、合併のゴタゴタによる不安は拭えません。

しかしやはり高利回りは魅力的です。

これ以上悩んでも仕方がなさそうなので、「日産株はポジションは大きくし過ぎずに保有していこう」というのを現在のスタンスとします。

売買の履歴

昨年11月の分からの売買履歴です。

約定日 売買 約定単価 保有株数
17/11/15 1,069 1,000
18/01/30 1,180 0
18/04/06 1,117.5 500
18/04/16 1,127.8 900