キヤノン【7751】は「買い」なのか。業績や配当金、今後の見通しなどから考える

キヤノンはカメラ・事務機器の最大手メーカーで、高配当なことでも有名です。

連続増配とは言えないものの、増配と維持を続けており、長い目で見ると増配傾向にあります。

チャートを見るとまだ落ちていきそうな気もしますが、それを言っていてはきりがないので、ひとまず100株ほど買ってみました。

銘柄的には「買い」という判断です。

購入時の予想配当利回りは4.24%。

スポンサーリンク

業績・年間配当・配当性向の推移

売上高
(億円)
営業利益
(億円)
年間配当
(円/株)
配当性向
’09/12 32,092 2,170 110 103.1%
’10/12 37,069 3,875 120 60.0%
’11/12 35,574 3,780 120 58.3%
’12/12 34,797 3,238 130 67.2%
’13/12 37,313 3,372 130 64.6%
’14/12 37,272 3,634 150 64.6%
’15/12 38,002 3,552 150 74.4%
’16/12 34,014 2,288 150 108.7%
’17/12 40,800 3,314 160 71.4%
’18/12
(予)
41,200 3,785 未定 未定

売上と営業利益は緩やかにですが成長しています。
急成長は難しいものの、着実に進んでいるように見えます。

このまま伸びていければ2007年12月期の売上高44,813億円も超えられるかもしれません。

年間配当はしばらく150円が続いていましたが、2017年12月期は記念配当が10円乗っかって160円となりました。

業績が伸びている中で減配はないと思うので、2018年12月期も160円になるのではと勝手に予想しています

配当予想が未定なのは毎度のことなので気にしなくて良さそうです。

そして目を引くのは配当性向の高さですね。

利益が落ち込んだタイミングでは配当性向が100%を超えているケースもあります。

基本的には60~70%程度を目標にしているのでしょうかね。

自己資本比率は50%を超えており、流動比率も200%超で財務面は問題ないでしょう。

キヤノンの事業内容

キヤノンはオフィス向け複合機やプリンター、カメラなどのメーカーとして有名で、売上の約7割をそれらが占めています。

海外売上高が売上の8割弱あったのは意外でした。

また、2017年第2四半期からはメディカルシステムビジネスを1つのセグメントとして独立させており、この分野に今後さらに注力していくものと思われます。

事業種別セグメントの主要な製品は以下の通りです。
ラインナップを見ると、何となく事業内容が見えてくると思います。

【オフィスビジネス】

  • オフィス向け複合機
  • レーザー複合機
  • レーザープリンター
  • ドキュメントソリューション 他

【イメージングシステムビジネス】

  • 各種デジタル
  • カメラ各種プリンター
  • イメージスキャナー
  • マルチメディアプロジェクター
  • 放送機器 他

【メディカルシステムビジネス】

  • デジタルラジオグラフィ
  • X線診断装置
  • CT装置
  • MRI装置
  • 超音波診断装置 他

【産業機器その他ビジネス】

  • 半導体露光装置
  • FPD露光装置
  • 真空薄膜形成装置
  • 有機ELディスプレイ製造装置
  • ネットワークカメラ

2018年12月期2Q決算

2018年12月期の2Q決算が開示されました。
通期予想が下方修正されましたが、配当は今のところ維持されそうな雰囲気です。

通期業績予想と2Qの実績を比較してみました。

項目 通期予想 通期予想
(修正後)
2Q実績 進捗率
売上高
(億円)
43,000 41,200 19,670 47.7%
営業利益
(億円)
4,040 3,785 1,750 46.2%

修正後の予想と比較することに意味があるかはさておき、それでも進捗は50%を割っています。

1Qの決算説明会のQ&Aでは、「年間見通しの実現は、これから本格的に展開していく新しい技術を盛り込んだ新製品の市場への浸透が順調に進めば可能」といった旨の回答をされているので、個人的には期待しておこうと思います。

とはいえ、キャピタルゲイン狙いでキヤノンの株を買ったわけではないので、結果的に業績が伸びなくとも配当さえ維持してくれれば問題はありません

株価はまだ落ちる?

1Q決算の数字があまりいいものではなかったですし、チャートの雰囲気からしてもまだずるずると落ちていくような気がします。

でもそうなったらそうなったで買い増しするだけです。

最近の株価動向(10/19現在)

先週の下げを取り戻すかのような上昇でした。

来週次第では何とかなるかもしれません。

売買の履歴

約定日 売買 約定単価 保有株数
18/04/27 3,776円 100
18/10/03 3,656円 200