【2020年6月15日】アサヒホールディングスを売却

今月はもう売買しないつもりだったのですが、色々あってアサヒホールディングスを売却しちゃいました。しかも大引けギリギリ…。

5月1日に買っていたので、1か月半で売っちゃったことになります。

2469円⇒2703円で、2万円ちょっと利益が出ました。やったね!

なぜ売ることにしたかというと、TLで見かけた荻窪禅さん(@ogikubotrader)が最近書かれた『順張りスイングトレードの極意』という本に刺激されたからです。

私は紆余曲折あって、あまり株価を気にしなくて済む配当金狙いの投資をしているわけですが、それでもやっぱりコロナショックみたいな大暴落を回避できるならしたいと思っています。

また、基本は配当金狙いでいくにしても、短期トレードでも稼げるならそれに越したことはないとも思っています。

短期トレードがあまり向いていないと感じていたり、それについて勉強する時間がもったいない気もしていたりで、ここ数年は買って放置を繰り返してきたのですが、ここにきて「短期トレードにもう一回挑んでみるのも悪くはないか」的な思考が出てきました。

そんな中で『順張りスイングトレードの極意』を読んでみたら、今まで読んだ株式投資の本とはちょっと違う感触が得られたのです(といっても、今までに読んだ冊数は大したことありませんが…)。

今まであまり気にしていなかったボラティリティについて再認識できましたし、資金管理についてもじっくり考えるきっかけが得られました。

すでに色々と知識や経験を持っている人がどう感じるかは分かりませんが、私にとっては新たな知見が多くて満足度の高い一冊でした。

で、この本の中で出てきたATRという指標を色々といじったり眺めたりしていたら、アサヒホールディングスを売ったほうがいい気がしてきたわけです。

それで、利益が乗っているわけだし、売って損をすることはないから売っちゃえーと。

まだ本の内容を消化しきれていない感じはするのでもう一回読んでから、短期トレードに挑むのかどうか、どのくらいの予算を確保するのか、などなどを検討する予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加