2020年3月の運用成績(評価損益率△18.78%|今年の累計配当金308,498円)

言うまでもなくコロナショックで評価損が拡大しました。当分はマイナス圏をさまようことになるでしょう…。

※3月31日にこの記事を書くのを忘れていたので、諸々の数字は4月1日時点のものになります。

  • 評価損益率(先月比):△4.46% → △18.78% (△14.32ポイント)
  • 今年の累計配当金(前年比): 201,696→ 308,498円(+106,802円)

※評価損益率は配当金投資に限定したものであり、運用開始来(配当金投資を始めて以来…つまり2018年4月から)の数字です。

配当金投資の運用成績

4月1日時点の状況は以下の通りです。

今までの投入資金 17,716,000円
今月の投入資金 1,284,000円
元本合計 19,000,000円
当月末残高 15,431,677円
評価損益 △3,568,323円
(△18.78%)
今年の累計配当金額 308,498円

※配当金は証券口座に直接入るようになっているので、当月末評価額および評価損益の押上げ効果があります。

追加資金は予定通りの50万円に加えて、端数調整を兼ねつつの78万4000円を追加でいれています。

月末(今回は4月1日)時点のポートフォリオはこちら↓

口座のキャッシュは18万円くらいです。

ドコモはまだプラス圏ですが、逆にINVやFPGはボロボロな感じです。

なお、配当金投資の運用成績の推移はこちらの記事にもう少し詳しく記載しています。

今月の売買履歴

インヴィンシブル投資法人を中心に、下げ幅の大きかったところと、東京海上HD、JTを買い増ししました。

今月に権利日があった保有銘柄

銘柄 予想配当金額
【9437】NTTドコモ 54,000円(60円×900株)
【9432】日本電信電話 19,000円(47.5円×400株)
【8766】東京海上ホールディングス 28,500円(95円×300株)
【8058】三菱商事 13,600円(68円×200株)
【8316】三井住友フィナンシャルグループ 9,000円(90円×100株)
【8001】伊藤忠商事 4,250円(42.5円×100株)
合計 128,350円

次月に権利日がくる保有銘柄

ありません。

IPO投資の成績

106銘柄応募2当選(当選率1.88%)

※2018年10月のIPO投資開始日からの累計

今月は12銘柄に応募しましたが当選はありませんでした。まだ抽選が行われていない銘柄は含んでいません。

今月は自分の不注意でけっこう取りこぼしています。

過去の当選履歴は以下の通りです。

  • 2018年12月…ソフトバンク
  • 2019年5月…バルテス

4月は申込み忘れに気をつけます…。

最後に

思っていた以上に「コロナコロナコロナ…」な感じになってきました。

4月は新年度の始まりでもありますが、果たしてどうなっていくのでしょうか…。

今月は、日経平均が直近の安値を割ってきたら少しずつ買い出動、そうでなければ月末まで引っ張ってからの買い増しとする予定です。

受取配当金は伸びてきているので、減配を食らわないことを祈ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加