2020年2月の運用成績(評価損益率△4.46%|今年の累計配当金24,910円)

今月も評価損益率が低下し、ついにマイナス圏に突入しました。2019年6月ぶりです。

「率」はワーストこそ免れたものの、運用額が増えているので含み損の「額」はワーストです。

2月は受け取れる配当金もありませんでした。

  • 評価損益率(先月比):+5.39% → △4.46% (△9.85ポイント)
  • 今年の累計配当金(前年比): 28,340 → 24,910円(△3,430円)

※評価損益率は配当金投資に限定したものであり、運用開始来(配当金投資を始めて以来…つまり2018年4月から)の数字です。

配当金投資の運用成績

2月28日時点の状況は以下の通りです。

今までの投入資金 17,216,000円
今月の投入資金 500,000円
元本合計 17,716,000円
当月末残高 16,925,953円
評価損益 △790,047円
(△4.46%)
今年の累計配当金額 24,910円

※配当金は証券口座に直接入るようになっているので、当月末評価額および評価損益の押上げ効果があります。

追加資金は予定通りの50万円でした。

月末時点のポートフォリオはこちら↓

口座のキャッシュは5万円くらいです。

含み損銘柄の方が多くなってしまいましたね。

なお、配当金投資の運用成績の推移はこちらの記事にもう少し詳しく記載しています。

今月の売買履歴

今月はさすがにガチャガチャと売買していました。

今月に権利日があった保有銘柄

ありません。

次月に権利日がくる保有銘柄

銘柄 予想配当金額
【9437】NTTドコモ 54,000円(60円×900株)
【9432】日本電信電話 19,000円(47.5円×400株)
【8766】東京海上ホールディングス 19,000円(95円×200株)
【8058】三菱商事 13,600円(68円×200株)
【8316】三井住友フィナンシャルグループ 9,000円(90円×100株)
【8001】伊藤忠商事 4,250円(42.5円×100株)
合計 118,850円

IPO投資の成績

94銘柄応募2当選(当選率2.1%)

※2018年10月のIPO投資開始日からの累計

今月は4銘柄に応募しましたが当選はありませんでした。まだ抽選が行われていない銘柄は含んでいません。

過去の当選履歴は以下の通りです。

  • 2018年12月…ソフトバンク
  • 2019年5月…バルテス

3月はIPOが多いですがはたして…。

最後に

新型コロナは大したことないだろうと思っていましたが、(少なくとも今のところは)感染拡大による直接的な影響よりも、それに対する(過剰な?)反応によって経済への影響がバカにならない規模になってきたように思います。

じゃあ経済がズタボロになるからこのまま株価も下がり続けるのかというと、政策ひとつで色々と状況は変わってくるでしょうから、結局のところ先行きは不透明です。

良さげなシナリオとしては、

  • 減税や財政出動などの経済政策を発表・実施
  • 3月中に新型コロナはほぼほぼ終息(あるいはマスコミが飽きる)
  • オリンピックも予定通り開催

逆に厳しめなシナリオとしては、

  • 経済政策は特になし(あるいは復興増税的なやつ)
  • 休校や自粛ムードなどの継続
  • オリンピック中止

といった感じでしょうか。

個人的には消費税減税のチャンスだと思っているのですが…ほんと、日本経済はこの先どうなるんでしょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加