2019年8月の運用成績(評価損益率+0.08%|今年の累計配当金478,909円)

今月は全体的に弱かったですが、その中でも特にJTはだいぶ下げました。

しかし、そのJTの配当金が入ったことで、評価損益率はなんとかギリギリのプラス圏を維持できています(厳密には9/2受取ですが)。

※評価損益率は配当金投資に限定したものであり、運用開始来(配当金投資を始めて以来)の数字です。

配当金投資の運用成績

7月31日時点の状況は以下の通りです。

今までの投入資金 14,166,000
今月の投入資金 550,000
元本合計 14,716,000
当月末残高 14727848
評価損益 +11,848
(+0.08%)
今年の累計配当金額 478,909

※配当金は証券口座に直接入るようになっているので、当月末評価額および評価損益の押上げ効果があります。

追加資金は予定通りの50万円に加えてループイフダンの余剰金5万円の、計55万円でした。

月末時点のポートフォリオはこちら↓

口座のキャッシュは約20万円です。

好調なREITと、ダダ下がりのJTという構図は変わっていません。

FPGがだいぶ戻してきたのはいいですね。

なお、配当金投資の運用成績の推移はこちらの記事にもう少し詳しく記載しています。

今月の売買履歴

先月に続き、今月もJTを買っています。

また、9月末に権利確定日があるFPGを一気に買い増ししました。

今月に権利日があった保有銘柄

ありません。

次月に権利日がくる保有銘柄

銘柄 予想配当金額
【9437】NTTドコモ 54,000円(60円×900株)
【7148】FPG 53,000円(53円×1,000株)
【8766】東京海上ホールディングス 19,000円(95円×200株)
【9432】日本電信電話 9,500円(95円×100株)
【9433】KDDI 5,500円(55円×100株)
合計 141,000円

IPO投資の成績

58銘柄応募2当選(当選率3.4%)

※2018年10月のIPO投資開始日からの累計

今月は当選無しです。応募自体1件しかありませんでした。この時期は閑散としていて新規上場自体少ないですね。

当選履歴は以下の通りです。

  • 2018年12月…ソフトバンク
  • 2019年5月…バルテス

ちなみにIPO投資といってもひたすらに口座開設をしまくって、IPOの抽選に応募しまくり、当選したら上場日に即売却というシンプルなものです。

参考:低リスクと言われるIPO投資は儲かる?メリット・デメリットなどを調査

ループイフダンの運用成績

8月31日時点の口座状況は以下の通りです。

2度目の利益出金ができましたが、円高進行に伴うロスカットリスクを下げるために追加入金をしています。

参考:ループイフダンの設定や今までの実績

最後に

現状、ループイフダンと配当金投資(日本株)の2本立てです。

9月はどうなりますかねー!