2019年6月の運用成績(評価損益率-3.02%|今年の累計配当金280,184円)

今月は主力JTの権利確定がありました。

配当の権利を得た半面、株価の方はガッツリと下がって評価損益率は悪化しました。

※評価損益率は配当金投資に限定したものであり、運用開始来(配当金投資を始めて以来)の数字です。

配当金投資の運用成績

6月30日時点の状況は以下の通りです。

今までの投入資金 13,166,000
今月の投入資金 500,000
元本合計 13,666,000
当月末残高 13,253,057
評価損益 -412,943
(-3.02%)
累計配当金額 280,184

※配当金は証券口座に直接入るようになっているので、当月末評価額および評価損益の押上げ効果があります。

純粋な追加資金は予定通りの50万円です。

3月に権利確定した分の配当が入ってきました。やったね!

月末時点のポートフォリオはこちら↓

口座のキャッシュは約10万円です。

評価額ベースでJTが4割近くを占めているので、JTの値動きの影響が大きいです。

次いでリートと通信が2割強、そしてその他が2割弱といった感じになっています。

なお、配当金投資の運用成績の推移はこちらの記事にもう少し詳しく記載しています。

今月の売買履歴

今月もJTを買ってばかりの1ヵ月でした。

権利落ちでまた下げていますし、7月も買ってしまいそうです。

今月に権利日があった保有銘柄

銘柄 予想配当金額
【2914】JT 154,000円(77円×2000株)
【8963】インヴィンシブル投資法人 39,744円(1,656円×24株)
【7751】キヤノン 16,000円(80円×200株)
【3487】CREロジスティクスファンド投資法人 11,760円(2940円×4株)
合計 221,504円

次月に権利日がくる保有銘柄

銘柄 予想配当金額
【3249】産業ファンド投資法人 5,866円(2,933円×2株)

IPO投資の成績

53銘柄応募2当選(当選率3.8%)

※2018年10月のIPO投資開始日からの累計

今月は当選無しです。

先月はバルテスで10万円以上の利益を出せましたが、当面はまた無当選が続くと思われます。

ちなみにIPO投資といってもひたすらに口座開設をしまくって、IPOの抽選に応募しまくり、当選したら上場日に即売却というシンプルなものです。

参考:低リスクと言われるIPO投資は儲かる?メリット・デメリットなどを調査

ウェルスナビの運用成績

先月末は円建てで-4.86%だったところ、なんとか±0近くまで戻しています。

色々と思うところがあって、ウェルスナビは資金を引き揚げようかなと考えています。

参考:【毎月更新】ウェルスナビの運用実績。手数料と分配金も分かりやすく記載

ウェルスナビと米国株(VOO)との比較

もっとVOOの方が回復している(ウェルスナビの方が回復が鈍い)かと予想していましたが、案外大差ない結果となっていました。

ループイフダンの運用成績

6月30日時点での口座状況は以下の通りです。

3月半ばに5万円を出金しましたが、そこからすでに32,000円ほど売買益が出ている状態です。

今月も円高進行に伴いポジションが増えたので、スワップポイントの含み益も蓄積しやすくなりました。

9月ごろにまた出金できるくらい稼げているといいなーと思っています。

ただし、さらに円高が進むようであればむしろ入金しないとロスカットリスクが高くなってしまうので出金どころではなくなります。

参考:ループイフダンの設定や今までの実績

最後に

7月も淡々と買い増ししていきます。