【2018年11月20日】JTを100株買い増し

またJTを買い増ししました。

最近はJTを買ってばかりいるような気がします。

どうしてまたJT?

現在、JTを評価額ベースで300万円分以上保有している状況です。

配当金投資に充てている資金の1/3がJTとなっています。

なぜそこまでしてJTJTJTJT…なのかというと、「配当金投資に向いていそうな銘柄の中で最も利回りが高いから」に他なりません(※私がそう判断しているだけです。REIT除く)。

監視している銘柄はJT以外にも複数あるのですが、利回りを見比べるとどうしても「JTでいいか」となってしまうのです。

以前、「成長率の高い低利回り銘柄」と「成長率の低い高利回り銘柄」で配当額を比較したことがあります

その結果、「成長率が低くとも利回りの高さを優先した方がいい」という結論に至りました。

試算時の数字をどのくらいにするか、その他の要因をどの程度考慮するかによって結論は変わります。リンク先の記事は参考程度にしてください。

現状ではひとまずJTを買っておいて、他の候補銘柄の利回りが上がってきた時にJTと比較してリバランスしていけばいいでしょう、ということです。

ただ、さすがにこれ以上JTの比率を上げるのは…と思う部分もあるにはあります。

JTのみに一点集中は危険…でも利回りが一番いいのはJTだから、銘柄を分散させるとトータルでの利回りは低下してしまう。

実に悩ましい問題です。

買うタイミングは相変わらず下手

今日の買付の流れです↓

  1. 前場が始まってからJTの株価を見て、「お、いいかも!」と思う
  2. チャートを見てみて、「お、いいかも!」と思う
  3. 他の銘柄も一通りチェックする
  4. 戻ってくると株価が少し上がっている
  5. 「まぁいいか」と思い購入する
  6. しばらくして振り返ると、山のてっぺんで購入していたことが分かる

こんな感じで、その日の中では比較的高いタイミングで買ってしまうことが多いです(今回は結果的にマシな方でした)。

しかし、前回(11月9日)の約定単価は2854.5円でしたから、それに比べれば今回は30円以上安く買えています。

そんなわけで、最近はあまり細かい買値は気にならなくなってきました。

最近は地合いがいまいちなこともあり、下げるときはガクッと大きく下げてしまいます。

それに比べれば今日の値幅なんて微々たるものなので、だいたいOKな水準になっていればサクッと買い終えてしまった方が私としては気楽で良いのです。

より大きな利益を追求するならもっと買値にこだわるべきだとは思います。

最後に

「お、いいかも!」と思ったときのJTのチャートを載せておきます。

このあと2,800円を割ってくる可能性も十分にありますのでお気をつけ下さい。