【2018年11月6日】協和エクシオで決算ガチャ

今年の5月9日に経営統合の発表があった協和エクシオ。

5月末に協和エクシオは買いなのかどうかを考え、「買い」と判断して100株だけ保有していました。

そして本日、決算発表を前にしてソシャゲのガチャ感覚で100株だけ信用買いしてみました。

その理由などを書いていこうと思います。

5月末に100株購入するも株価は”行って来い”

協和エクシオは配当利回りが飛び抜けて良いというわけではなく、配当金投資用に保有するための条件はクリアできていませんでした。

しかし、経営統合のリリースを見て「買い」と判断した以上、100株くらいは持っておこうということで購入しておいたのです。

その後、順調に株価を伸ばしていたのですが、10月に入ってからは地合いの悪さもあってかずるずると値を下げ、直近では買値付近まで株価をさげてしまっていました。

9月の上昇が急すぎたとは思いますが、ここまで下げる理由も分からず…。

ひふみ投信の組入比率が高いから?とか浮かんだものの、よく分かっていません。

それでも、上方修正と増配はほぼ確実と予想していた

協和エクシオのこれまでの業績予想および配当額には経営統合の影響が加味されていないと明記されていました。

そして「経営統合後の期末配当については、2018年度第2四半期決算発表時に公表予定」とも書かれてたので、2Q短信が開示されるタイミングで増配の発表があることはほぼ確実だろうと思っていました。

増配後の配当額についても、協和エクシオは配当額を決めるのにDOE(自己資本配当率)を用いることが分かっていたので、経営統合後の自己資本額から適当に算出が可能でした。

ちなみに私の予想では増配後の年間配当は69円でした。本日の開示によれば年間配当は70円とされていましたのでニアピンです。

正直なところ、私なんかでもここまで予想できてしまうので、この増配発表後に株価が跳ね上がる可能性はそこまで高くないような気もしていたのですが、現状の株価は売られ過ぎな気がしていたため「100株だけ信用で買ってしまえ!」と判断しました。

最後に

こういう買い方を繰り返していたらそのうち大やけどをしそうなのでもうしません(本当はエフティグループでもするつもりだったけど決算発表前に上方修正が開示されてしまった…)。

ですので今回はワクワク感を存分に楽しみたいと思います。